原子分子の顕微イメージングプラットフォーム

「原子・分子の顕微イメージングプラットフォーム」は、文部科学省「先端研究基盤共用促進事業(共用プラットフォーム形成支援プログラム)」の1プラットフォームとして、北海道大学・浜松医科大学・広島大学が中核となり実施しています。

これまでに各大学が個別に実施してきた先端的イメージング分析装置等の共用の仕組み(下表)をプラットフォーム化し、顕微領域における原子・分子の3次元分布を明らかにする統合環境を提供します。ここでバイオ・材料・環境・エネルギー・宇宙にわたる研究開発を装置共用によりサポートするとともに、新たなイノベーションを創出する環境の整備、新しい分析ニーズの掘り起こし、それらを研究開発する人材の育成を推進します。

関連リンク

詳細は下記のページ・サイトをご覧ください。