【特定研究部門】上流から下流までを貫く研究環境が実現 アイソトープ総合センターの情報発信も

久下 裕司 上流から下流までを貫く研究環境が実現 アイソトープ総合センターの情報発信も
腫瘍診断用核医学分子イメージング剤の開発
久下 裕司教授

アイソトープ総合センター 北海道大学 大学院医学研究科 放射線生物学分野

私たちのプロジェクトの研究目的は、アイソトープを活用した的確な診断をもとに、がんに苦しむ人々の「パーソナル医療」を実現することです。
生体内の分子・細胞の挙動を可視化する技術として注目されている「分子イメージング」の研究を通して、一人一人の患者に即した最適治療の選択を可能とする新しい疾患診断技術を確立し、個別化医療を実現することが可能であると思います。また、イメージングによる新しい創薬手法を提供することで、迅速な医薬品開発に貢献できるものと考えています。

研究室のHP