【特定研究部門】擬似生体組織ゲルで超高齢化社会に貢献

擬似生体組織ゲルで超高齢化社会に貢献
擬似生体組織ゲルの創製と軟骨医療への応用
龔 剣萍 (グン チェンピン)教授

大学院先端生命科学研究院

 材料イノベーションによる生体軟組織のような新素材の創出は、今後の福祉社会の実現にとって不可欠と考えます。本研究のねらいは、優れた力学機能と生化学機能を有する高分子ゲルを創製し、人工軟骨や軟骨再生誘導の治療に応用することです。

 そのためには、私たちが独創的に開発したダブルネットワークゲル(DNゲル)の高強度・高靭性原理に基づき、軟骨の細胞外基質高分子であるⅡ型コラーゲン、ヒアルロン酸、プロテオグリカンと生体適合高分子を複合することで、擬似生体組織ゲルを創製します。さらに、ゲルの解剖学的形状を作製する技術やその一部に骨接合能を与える複合材料化技術を開発します。これらの材料創製技術をインテグレーションすることによって得られた擬似生体組織ゲルを用いて、人工軟骨、軟骨の再生誘導の動物試験を行い、臨床応用の可能性を評価します。

 本研究で創製した擬似生体組織ゲルは関節治療に限らず、将来的に人工筋肉や人工心臓など他の生体代替組織として、さらに様々な生体組織の再生誘導の基材としての応用も期待でき、生体医療を支える新しい素材となると考えています。

研究室のHP