第14回 創成シンポジウム 科学と芸術のあいだ -アートが北大を変える- のご案内

第14回 創成シンポジウム 科学と芸術のあいだ -アートが北大を変える-
が開催されます。

2017年夏、北大で科学とアートが出会います。北大という舞台に科学者とアーティスト、学生、市民が集い、
何が起こり、生み出されるのでしょうか?
本シンポジウムでは、科学とは何か、アートとは何か、共通点はあるのか・・・科学者、アーティストそれぞれの
視点から語り合います。
新たなステージの幕開けを、一緒に体験しませんか?

【プログラム】
18:00~18:05            オープニング
18:05~18:15             「北大で芸術祭ってなんだ?」    
        北海道大学 科学技術コミュニケーション教育研究部門(CoSTEP) 特任助教 朴 炫貞
18:15~18:45            『「表現としての科学」の可能性から科学を再考する』
                metaPhorest主宰,早稲田大学教授/美術作家・生物学者
18:45~18:55            休憩
18:55~19:55            トークセッション 音楽家×研究者 「音とノイズのあいだ」
        札幌国際芸術祭2017ゲストディレクター/音楽家 大友 良英
        metaPhorest主宰/美術作家・生物学者 岩崎 秀雄 
        北海道大学 大学院理学研究院 生物科学部門 准教授 相馬 雅代
        【ファシリテーター(聞き手)】
        北海道大学 科学技術コミュニケーション教育研究部門(CoSTEP)
        特任助教 朴 炫貞
19:55~20:00            クロージング

詳細は以下のサイトをご覧ください。
http://sympo14.hokkaido.university/






 

その他のイベント情報一覧(最新15件)