第37回 創成科学サロン&夏の宴を開催しました

創成研究機構では,8月8日(月),創成科学研究棟1階レストランポプラにおいて,
北キャンパス地区に集う研究機関同士の交流を目的として,第37回 創成科学サロン並びに懇親会「夏の宴」を開催しました。

今回で37回目の開催となる当サロンには約80名の参加者があり,
はじめに,川端和重理事・副学長(創成研究機構長)による開会の挨拶があった後,
今年7月26日にリニューアルオープンを迎えたばかりの北海道大学 総合博物館の山本順司准教授に「つかえる博物館オープン」と
題して,いかに博物館は変わったのか,各展示の見どころ,さらには今後の構想などについて詳しくお話いただきました。
また,株式会社スペースタイム(大学院文学研究科 北方文化論講座修士修了)大澤夏美氏に
「ミュージアムグッズの世界へようこそ!」と題して日本中にある魅力的な博物館グッズや雑貨について,お話ししていただき,
後半の夏の宴のワークショップ,ミュージアムグッズ開発のヒントになるような情報提供をいただきました。

サロン終了後は,引き続き,懇親会「夏の宴」が行われました。夏の宴では,博物館グッズ企画ワークショップを行いました。
北大生協専務理事 岸本敬一氏より博物館グッズの売り上げ動向や人気商品などについてお伺いした後,サロン参加者の方に実際に博物館グッズを企画していただきました。
約60点の商品企画案の中より実際に商品開発できそうな企画案を生協さんより発表して頂き,見事選ばれた方には景品が
授与されました。
終始和やかな雰囲気のもと,参加者たちは学内外との親睦を深めていました。

 

            川端和重理事・副学長(創成研究機構長)             総合博物館 山本順司准教授

 

      株式会社スペースタイム 大澤夏美氏                      会場の様子

 

その他のイベント情報一覧(最新15件)