第12回 創成シンポジウム 「感染症研究の最前線―エボラ・結核を例に―」を開催します
※(どなたでも参加できます)

第12回 創成シンポジウム 「感染症研究の最前線―エボラ・結核を例に―」を開催します

2014年、日本においても、感染症に対する意識が高まりました。本シンポジウムでは、最前線でエボラウイルスや結核菌の生態の解明に取り組んでいる研究者の研究を紹介し、また、異分野の研究者から物理的な視点で感染経路などについて解説してもらいます。

■ 日時:平成27年2月24日(火)17:30~20:00(17:00開場)
■ 会場:北海道大学 学術交流会館 講堂(札幌市北区北8条西5丁目)

■ プログラム:
17:30~17:35        挨拶  川端 和重(北海道大学 理事・副学長/創成研究機構 機構長)

17:35~18:05        「エボラウイルスに迫る」            高田 礼人
               (北海道大学 人獣共通感染症リサーチセンター 国際疫学部門 教授)

18:05~18:35        「結核 今そこにある危機」     鈴木 定彦
               (北海道大学 人獣共通感染症リサーチセンター バイオリソース部門 教授)
                 
18:45~19:15        「ネットワーク科学から見た感染症の流行と防疫」   矢久保 考介
               (北海道大学 工学研究院 応用物理学部門 量子物性工学分野 教授)
                 
19:25~20:00        パネルディスカッション  モデレーター:真砂 徳子(フリーアナウンサー)
           

■ 主催: 北海道大学創成研究機構、後援:札幌市、札幌市教育委員会、北海道新聞社

■ 申込み方法: 申込みフォーム、またはEメール、FAXにて、氏名、年齢、職業、代表者のメールアドレス、
           または電話番号、FAX番号を明記の上申込みください。
           申込みフォームアドレス: http://www.cris.hokudai.ac.jp/cris/0224/
           どなたでも参加できます。

■ 申込み〆切: 平成27年2月20日(金)

■ 申込み    E-mail: rso@cris.hokudai.ac.jp  FAX: 011-706-9275
■  問い合わせ: 北海道大学 創成研究機構 研究支援室   TEL: 011-706-9274
  




 

その他のイベント情報一覧(最新15件)