お知らせ

技術講演会のお知らせ(2018/11/02)

手のひらサイズのマイクロ流体デバイスを使って,細胞・生体関連や創薬・再生医療など生化学や分子生物学,医学分野の共同研究者と連携して社会ニーズに根差した課題に取り組む応用研究が目立っている.

本発表では,マイクロ流体デバイス技術を応用した新しい研究開発動向として,世界的に活発に研究が進められている創薬スクリーニング用デバイス「Organ/Body on a Chip」について,著者らの研究成果を交えながら紹介する。

※案内ポスター(pdf)


【日時】2018年11 月2 日( 金) 13:30-14:30

【場所】北海道大学大学院情報科学研究科 A32 室

【講師】平井義和 氏(京都大学大学院工学研究科マイクロエンジニアリング専攻 助教)

【題目】3次元微細加工を活用したバイオ計測用マイクロ流体デバイスの開発

【お問い合せ】北海道大学大学院情報科学研究科情報エレクトロニクス専攻

       末岡和久  纐纈ゆかり

       Tel:011-706-6537

» お知らせ一覧にもどる

Copyright © Hokkaido Innovation through NanoTechnology Support. All Rights Reserved.