トップページ > プロジェクト詳細 > 成果報告

事業紹介動画

融合研究

融合研究では、創薬グループで開発した医薬品候補化合物の体内動態、薬効のイメージングによるスクリーニングを実現するための研究、本拠点発の総合グライコミクス技術と最高品質の臨床試料に基づく疾患バイオマーカー探索の研究を推進してきた。

RIイメージング法による前臨床研究の迅速化、省力化

分子イメージングや質量分析イメージングを活用した創薬研究の融合

小動物用PET・SPECT分子イメージング装置を用いて、骨髄間質細胞(BMSC)による細胞治療やイルベサルタン(塩野義製薬)による不安定プラークの治療の効果判定を行ってきた。

高品質の臨床検体と総合グライコミクスによるバイオマーカー探索

高品質の臨床検体と総合グライコミクスによるバイオマーカー探索

高品質の臨床検体と総合グライコミクスによる
バイオマーカー探索

創薬グループ、医療グループ、製薬企業の密な連携により疾患バイオマーカーを同定

早期診断法の確立が渇望される肝疾患およびグリオーマに焦点をあて、極めて高品質の臨床試料やgradeを反映するモデル試料を用いて糖鎖関連バイオマーカー候補の同定に成功した。

RIイメージング法による前臨床研究の迅速化、省力化

RIイメージング法による前臨床研究の迅速化、省力化

prev 1 2 3 4 5 6 7 next