トップページ > プロジェクト詳細 > 代表挨拶

「未来創薬・医療イノベーション拠点形成」から
グローバルスタンダードをうむアカデミック創出拠点へ


玉木長良

北海道大学大学院医学研究科 研究科長
玉木 長良


 北海道大学「未来創薬・医療イノベーション拠点形成」事業は、産学連携を通して、イノベーション研究拠点を創出しようとする10年間に及ぶ国家的研究プロジェクトです。平成18年に募集を開始し、厳しい審査を通過した9施設の一つとして選ばれました。さらに3年間の大きな実績を残した結果、平成20年度末に行われた中間評価ではその実績が認められ、4つの継続課題として採択されています。次の7年間の目標は、次世代の創薬と光計測技術を用いた個別化医療との融合により、実用的新薬の創出と診断治療技術の開発に関する実践的研究と人材育成のための自立的な国際レベルの拠点を形成することです。
 この事業は企業と大学が対等の立場で研究を発展させ、新薬や医療技術を創出する研究教育拠点作りにあります。この目標を達成するための事業計画として、複数の最先端基盤技術を有する北海道大学と世界最高レベルの実用化技術を有する5つの企業が、これまで以上に強固な融合研究体制を発展的に構築していることです。北海道大学は糖質誘導体やタンパク質等のシード化合物のデザイン・合成・大規模解析技術、構造解析・スクリーニング技術、フォト・RIプローブ・イメージング、PET研究先端技術、動体放射線治療時技術等に関して最先端基盤技術を有しています。その北海道大学は、最初の3年間で、高い創薬基盤技術を有する塩野義製薬および高度な先端機器研究開発力を有する日立製作所と連携し、前述の業績を上げてきました。平成21年度からはこれらの2社に加えて、アレイ化技術を有する住友ベークライト、RI標識技術と放射性医薬品の実用化力を有する日本メジフィジックス、および放射線治療機器開発技術を有する三菱重工の3社が加わり、さらに充実した産学連携研究体制が構築されました。このような研究体制の強化により、次世代医薬品候補の創出、半導体PETの開発等に加えて、標的分子の探索、RIプローブや高精度放射線治療装置の開発等に関しても実用化の加速が見込まれます。
 他方人材育成のための取り組みも順調に進んでいます。企業と大学の研究者が一緒になり、種々のセミナーやシンポジウムを企画実践しています。そこには次世代を担う企業・大学の様々な分野の若手研究者が熱心に聴講し、熱い議論を行うようになっています。このような研究教育のシステム改革はこの事業の大きな成果と言えるでしょう。
 この拠点は医学研究科が関連部局と連携して推進している各種の研究教育拠点形成を加速させる相乗効果を生み出すことを期待しています。とりわけ創薬と先進医療工学を融合した先端医学研究拠点でもあり、またその実用を図るトランスレーショナルリサーチ(TR)拠点でもあります。この事業の成果は北海道大学病院におけるTRを通して実用化されることが期待されます。北海道大学には道内3大学でTRを推進している北海道臨床開発機構がすでに設立されています。この「未来創薬・医療イノベーション拠点形成」事業から生まれたシーズの推進に関しては、医学研究科がこの機構を通して、今後も全力で支援させていただきたいと思います。4年後のこの北海道大学に、新たなグローバルスタンダードを創出できる研究拠点が確立されることを確信しています。


prev 1 2

未来創薬・医療イノベーション推進室
〒001-0021 札幌市北区北21条西10丁目 北海道大学創成研究機構
TEL:011-706-9188 FAX:011-706-9190

copyright 2007 hokkaido university.

取材に関する問い合わせ先その他の問い合わせ先
リンク情報の取り扱いサイトマップ