トップページ > プロジェクト詳細 > リリース・広報

  • リリース・広報

〈NEWS〉
五十嵐靖之先生[次世代ポストゲノム創薬ハブ]主催による
FASEB国際会議が行われました(開催報告)


未来創薬・医療イノベーション「次世代ポストゲノム創薬ハブ」の五十嵐靖之特任教授が会長として主催した国際会議FASEB Science Research Conference "Lysophospholipids and other Related Mediators, from Bench to Clinic"が8月4〜9日の6日間にわたって北海道ヒルトンニセコビレッジで成功裏に開催されました。生命科学分野で世界的な権威をもつFASEB国際会議が数ある分野を通して日本で開催されるのは今回が2回目となります。この会議には欧米、アジアなど海外から50名、国内から80名の第一線研究者や若手研究者が参加し、23の招待講演、20の一般講演を含む約60のポスター発表など6日間にわたってスフィンゴ脂質やリゾリン脂質の研究成果の活発な講演、ポスター発表、討論が繰り広げられました。北大からは先端生命科学研究院から5名、薬学研究院から3名の計8名、シオノギ創薬イノベーションセンターからも2名の研究者が参加しました。また5人の若手研究者に国際誌Biochem.J賞を含むFASEBポスター賞が送られ(下記の写真)、次回の開催は2年後カナダのバンフと決まりました。

120528_01

120528_02

120528_02

〈クリックで拡大〉