トップページ > プロジェクト詳細 > リリース・広報

  • リリース・広報

協働機関である日立製作所の開発した半導体型放射線(ガンマ線)検出センサー・モジュールの発売が開始されました

[リリース日時] 2011年11月15日(火)
[タイトル]
日立製作所の開発した半導体型放射線(ガンマ線)検出センサー・モジュールの発売が開始されました


[概要]
日立コンシューマエレクトロニクス株式会社は、放射線(ガンマ線)を検出する半導体型のセンサー・モジュールを新たに開発し、2011年11月15日より受注を開始しました。
本製品には、株式会社日立製作所の中央研究所、日立研究所が2000年代前半から研究開発を進めてきた半導体方式の検出技術を用いています。この技術により、高いエネルギー分解能(テクネチウム99mに対し5%程度)と高感度なガンマ線検出をコンパクトに実現することが可能になりました。
本製品は、ガンマ線を検出するセンサーとして、核医学での診断に用いられるSPECT装置や各種の放射線測定装置への適用が可能です。本製品を適用した放射線測定装置の開発も進めており、実用化に向けて検証を進めています。

リリース記事

製品情報

[主な掲載先]
日本経済新聞
インナービジョン