トップページ > プロジェクト詳細 > リリース・広報

  • リリース・広報

次世代ポストゲノム創薬ハブ篠原康郎先生の研究成果をリリースしました

[リリース日時] 2011年11月7日(月)14:00
[リリースタイトル]
細胞の種々のクラスの複合糖質のプロファイリング法の開発に相次いで成功
―「細胞の顔」を記述するユニークな情報を提供


[研究論文]
1.研究論文名:Qualitative and Quantitative Cellular Glycomics of Glycosphingolipids Based on Rhodococcal EGCase -Assisted Glycan Cleavage, Glycoblotting-Assisted Sample Preparation and MALDI-TOF/TOF MS Analysis(Rhodococcal EGCaseとグライコブロット法に基づく細胞のスフィンゴ糖脂質の定性・定量解析法)
公表雑誌:The Journal of Biological Chemistry(米国生化学分子生物学会)
著者:藤谷直樹,武川泰啓,荒木香代,古川潤一,光武進,五十嵐靖之,篠原康郎 他

2.研究論文名:A Versatile Method for the Analysis of Serine/Threonine Posttranslational Modifications by β-Elimination in the Presence of Pyrazolone Analogues(ピラゾロン誘導体存在下のβ脱離反応によるセリン/スレオニンの多様な翻訳後修飾の解析法)
公表雑誌:Analytical Chemistry(米国化学会)
著者:古川潤一,藤谷直樹,荒木香代,武川泰啓,児玉耕太,篠原康郎

3.研究論文名:Simultaneous Analysis of Heparan Sulfate, Chondroitin/Dermatan Sulfates and Hyaluronan Disaccharides by Glycoblotting-Assisted Sample Preparation Followed by Single-Step ZIC-HILIC Chromatography(グライコブロット法とZIC-HILICクロマトグラフィーによるヘパラン硫酸,コンドロイチン硫酸,ヒアルロン酸の一斉解析)
公表雑誌:Analytical Chemistry(米国化学会)
著者:武川泰啓,荒木香代,藤谷直樹,古川潤一,篠原康郎 他

リリース記事

[主なリリース先]
日経バイオテクONLINE
科学新聞 2011年11月25日(金)4面
北海道医療新聞 2011年11月18日(金)3面