トップページ > 挨拶

未来創薬・医療イノベーション拠点形成にむけて


小川 富太郎

住友ベークライト株式会社
代表取締役社長
林 茂


 日本でプラスチックが最初に作製されて100年あまりになります。人類の歴史と比べるとプラスチックは生まれて間もない技術であり、まだまだ無限の可能性があると言えます。住友ベークライトはプラスチックの新たな「機能」を研究・開発し、世界の半導体・自動車分野に価値の創造を提案してまいりました。現在その領域をライフサイエンス分野に拡大するべく新たな研究・開発に取り組んでいます。2007年には北海道大学との共同研究を基に糖鎖精製微粒子BlotGlyco®の上市に成功し、フロンティア精神に溢れる北海道大学の先端研究と当社の機能性材料技術のシナジーを具現化しています。
 本拠点形成事業において、当社はプラスチック基板を用いた糖鎖マイクロアレイの供給と更なる高機能化研究を担っています。今後は産学ならびに異分野が融合する本拠点の特長を活かし、創薬・医療の視点から糖鎖マイクロアレイの価値のあるアプリケーションを継続的に創出していきたいと考えています。北海道大学ならびにパートナー企業の皆様と志を一つにして努力してまいります。


prev 1 2 3 4 5 6 7 8 9 next