トップページ > 行事案内

第22回 未来創薬イノベーションセミナー

日時:2015年7月23日(木) 16:30〜18:00
場所:北海道大学 理学部 5号館低層棟 2階 大講堂


プログラム


創薬を目指したエピジェネティクス制御化合物の創製

鈴木 孝禎
京都府立医科大学大学院医学研究科 医薬品化学 教授


  2003年にヒトゲノム解読が完了し、創薬研究の分野では、DNAの塩基配列データを基にした創薬、すなわちゲノム創薬が世界中で展開された。しかしながら、DNAの塩基配列に依存しない疾病も数多く存在する。最近の研究により、多くの疾病が、「エピジェネティクス」と呼ばれるDNAの塩基配列に依らない遺伝子発現制御機構の異常により起こることが分かってきた。我々の研究グループでは、エピジェネティクス制御を基盤とする創薬をポストゲノム創薬として位置づけ、エピジェネティクス創薬を展開してきた。本講義では、我々が行ってきたエピジェネティクス創薬について概説する。


◆お問合わせ先:先端生命科学研究院 門出、菅原 (内線:9041)