トップページ > 行事案内

平成27年度 シオノギ未来創薬セミナー 創薬科学特別講義

期間:2015年4月9日(木)〜2015年7月30日(木) 5講時(16:30〜18:00)
場所:北海道大学 理学部 5号館(低層棟) 2階大講堂


未来創薬・医療イノベーション拠点形成事業における大学システム改革の一環として開催しています。主として、塩野義製薬(株)から経験豊富な研究員をお招きし、創薬研究開発の進め方など、実践的セミナーを行っていただきます。また、国内でご活躍中の3名の特別講師及び医学研究科から2名の講師をお招きし、最新の創薬基盤研究技術に関する話題を提供していただく予定です。進歩著しい最先端創薬技術を習得できる貴重な講義です。大学院生のみならず、教員、若手研究員の受講を歓迎します。
※大学院生の履修手続きは、所属する各研究院・学院の教務(大学院)担当窓口にて各自行って下さい。


講義内容


第01回4月09日(木) ガイダンス 沼田 義人
第02回4月16日(木) 創薬プロセス概論 東野 賢一
第03回4月23日(木) ターゲット探索とバリデーション 奥田 智彦
第04回5月07日(木) ハイスループットスクリーニング・iPS細胞 武本 浩
第05回5月14日(木) 構造活性相関 吉田 裕
第06回5月21日(木) 創薬におけるバイオマーカーの役割 大川 友之
第07回5月28日(木) 新薬創製の歴史と今後の展望 有田 斉
第08回6月11日(木) ポスト抗体医薬:中分子創薬のすすめ 藤井 郁雄(大府大院理)
第09回6月18日(木) 薬物動態 坂本 真吾
第10回6月25日(木) 生体リズムと創薬 本間 さと(北大院医)
第11回7月02日(木) 治療効果判定に応用しはじめられたPET検査 玉木 長良(北大院医)
第12回7月09日(木) 医療機器の事業化に必要なポイント 内田 毅彦(JOMDD)
第13回7月16日(木) インフルエンザウイルスを制御できるか? 小林 雅典
第14回7月23日(木) 創薬を目指した
 エピジェネティクス制御化合物の創製
 鈴木 孝禎(京府医院医)
第15回7月30日(木) 生理活性合成化合物の新しい世界 上杉 志成(京大WPI-iCeMS)



◆問い合わせ先◆
先端生命科学研究院
門出健次  mirai@sci.hokudai.ac.jp 011-706-9041



シオノギ未来創薬セミナー

〈クリックで拡大(PDF)〉