トップページ > 行事案内

第26回 未来創薬・医療イノベーションセミナー

日時:2014年11月26日(水) 17:30〜19:00
場所:北海道大学医学研究科中棟3階 セミナー室3-1


プログラム

司会:北海道大学大学院医学研究科 助教 榎木 亮介

生体内ダイナミクスを可視化する
〜分子・細胞・組織・臓器の光計測〜


17:30〜18:00 画像相関法による転写因子の細胞内動態解析と転写活性関連
北海道大学 先端生命科学研究院 細胞機能科学研究分野 特任助教 三國 新太郎
  画像相関法は共焦点蛍光画像から目的タンパク質の「動き」を解析できる。本発表では画像相関法を用いた転写因子の細胞内動態の解析結果と、細胞内動態と転写活性化との関連性について議論する。
18:00〜18:30 生体のリズムを観る 〜生物時計中枢神経回路の画像解析〜
北海道大学大学院医学研究科 光バイオイメージング部門 助教 榎木 亮介
  ほ乳類の概日リズムの中枢は、脳視床下部にある視交叉上核(しこうさじょうかく)に存在し、睡眠覚醒などの全身の約24時間の生理機能を制御します。セミナーでは視交叉上核の神経細胞ネットワーク活動を高感度に可視化する試みについて解説します。
18:30〜19:00 生きた臓器深部のインビボ観察や操作を実現するレーザー光技術
北海道大学電子科学研究所 光細胞生理研究分野 教授 根本 知己
  近年のレーザー光技術や非線形光学の進展により、生体深部のインビボ観察や操作が容易になってきた。生きたマウス脳や他臓器で得られた最新のデータに基づき、本技術の原理や将来的な可能性について議論する。

◆お問合わせ先:未来創薬・医療イノベーション推進室 和田(内線:7798)