トップページ > 行事案内

第21回 未来創薬・医療イノベーションセミナー

日時:2013年9月17日(火) 17:30〜19:00
場所:薬学研究院 1階 臨床薬学講義室


プログラム


司会:未来創薬・医療イノベーション推進室 特任准教授 児玉 耕太

創薬研究の上流から下流へ


17:30〜18:00 新規抗菌薬のシードとしてのヌクレオシド系天然物:合成とその生物活性
北海道大学大学院薬学研究院 薬化学研究室 准教授 市川 聡
  薬剤耐性菌に対する新規薬剤の開発は急務である。創薬における重要なシードである天然物に着目し、それらの効率的な合成法と構造単純化を目指した薬物設計について講演する。
18:00〜18:30 アシルセラミドの産生と皮膚バリア形成における役割
北海道大学大学院薬学研究院 生化学研究室 教授 木原 章雄
  アシルセラミドは皮膚のバリア形成において重要な働きを示す脂質分子であり、その形成異常はアトピーや魚鱗癬といった皮膚疾患を引き起こす。本講演ではアシルセラミド産生の分子メカニズムと調節機構を紹介する。
18:30〜19:00 先進医療を活用した薬事承認への取り組み
北海道大学大学院医学研究科 核医学分野 准教授 志賀 哲
  医薬品・医療機器の出口戦略において薬事承認の取得は非常に重要である。現在先端医療を活用し薬事承認を目指した研究相談をPMDA等と行っている。現在までに体験した事を一臨床医の視点で間歇に述べたい。

◆お問合わせ先:未来創薬・医療イノベーション推進室 和田(内線:7798)